気がつけばなっている

カウンセリング

体や心を治す

近年はうつ病などの精神的疾患が増えてきていますが、実際にうつ病だと診断されるには厳格な検査基準があり、予備軍も入れると増えているといえます。そのために心療内科では調べる方法の中に、仮面うつ病チェックリストを作成しており、隠れているうつ病傾向にある人でも診断できるようになっています。日常生活の質問から学校や仕事のことまで幅広くチェックするために、特に女性や若年層を中心に経過を診ることができます。仮面うつ病チェックリストでは気分が落ち込んでいる期間が2週間以上続いていたり、仕事が手につかないことで生活に支障が出たりしている人は、心療内科などのクリニックで検査を受けてみることです。心療内科ではどのようなことをやってくれるのかというと、チェックをした後に専門のカウンセラーからカウンセリングで話を聞いてくれます。心療内科では医師が担当することもありますし、カウンセラーが話を聞いてくれるので気持ち的にも楽になることも多くです。しかし、初めての来院ではなかなか本音で話すことができないこともありますので、何度か足を運ぶことで信頼できるようになり、気持ちを話すことができるようになります。この心療内科でのプログラムをこなしていくことで、現代の精神的疾患でもあるうつ病の回復に繋がっていくことができます。

自宅の周辺に心療内科がない場合には遠くでも足を運んで、仮面うつ病チェックリストをやってみることです。そのためには前もって電話連絡をすることで予約をして、付き添いの家族と一緒に心の準備をしておくことも大事なことになります。インターネットでもチェックリストをやってみることができますが、セルフチェックになりますので、心配な人は心療内科などの専門クリニックでの診断をすることがベストです。特別申し込みをすると気に必要なものがありませんが、やはり仕事内容やどのような原因があったのかなど、ある程度はまとめておくことによってスムーズなカウンセリングを受けることができます。中には自分がうつ病になっているとおもっていなかった人もいるケースがあり、仮面うつ病チェックリストではあくまでも進行度合いを調べる程度の気持ちで受けることです。そうすることによってより深刻なことであっても、受け止めることができるとうつ病からの回復は早くなります。また他の病気によって薬などの処方をしてもらっている人は、どのような薬を使っているのか、またうつ病での病歴なども含めた過去の状態を話すことになります。うつ病は軽く見ていると長引く傾向がありますので、しっかりと事前準備をして時間をかけて治していく覚悟を決めることです。