身体の不調を感じやすい

悩む女性

自律神経失調症や更年期障害のような症状

うつ病は増加傾向にある精神疾患のひとつですが、性格的な要因や遺伝だけでなく、仕事や引越し、家庭不和などの環境的な要因でも発症することがあります。仮面うつ病はうつ病の一種ですが、精神的な症状は比較的軽く、身体の不調が強くみられる病気です。動悸や息切れ、めまいなどの自律神経失調症のような症状が見られたり、手足の冷えや腹部の不快感などが見られたりすることがあります。体の不調が長く続くので、内科を受診しても体に異常が発見されなかったり、内服薬を服用しても治りにくい傾向があります。内科を受診しても異常が見られない時は、精神科の受診を勧められることがあります。精神科の病院やクリニックでは、問診や検査などの仮面うつ病チェックリストが受けられます。インターネットのWEB上から、仮面うつ病チェックリストが受けられるので、医療機関を受診する前に持参をすることで、病気の診断が付くことがあります。仮面うつ病に罹ると、体の不調の他には意欲や気力の減退、好きなことに関する興味や関心が乏しくなることがあります。性欲が減退していると感じたり、生理不順が見られたりする時は、精神科の病院やクリニックを受診するのをお勧めします。精神症状が軽いことが多いので、内服薬を服用することで改善することも多いです。

仮面うつ病は、体の不調が強く出るので、本人はうつ病だと感じていないことが多いです。精神科の病院やクリニックで、仮面うつ病チェックリストを受けて、仮面うつ病が診断されると十分な休息や睡眠が必要です。問診や診察、カウンセリングなどの仮面うつ病チェックリストを受けて、病気を診断しています。抗うつ剤などの内服薬を処方してくれるので、根気よく続けることが大事です。仮面うつ病は、自律神経失調症や更年期障害などの症状に似ているので、発見が遅れることがあります。多少の精神症状があっても、日常生活に支障がない場合は、通院による治療が中心になります。仮面うつ病は大変辛い病気ですが、十分な休息や睡眠を取ることで、少しずつ回復してきます。一般的なうつ病に比べると、意欲や気力の低下などが少ないので、通学や通勤が出来ることが多いです。家族には体の不調を理解してもらい、家事や子育てを助けてもらって、負担を減らすことも大事です。一般的なうつ病と同様に、真面目で責任感の強い性格の人が罹りやすい傾向があります。適度に趣味や娯楽を楽しんだり、体調の良い時は適度に体を動かすのもお勧めです。精神科の病院やクリニックは、心身の不調を感じている人が通院しやすい環境が整っています。